社会学  上

ゲオルク・ジンメル 著 ; 居安正 訳

混迷の現代にジンメルがよみがえる!ジンメルは「生の哲学」の先鋭な論客として知られるが、現代社会学の先駆者としても特異な足跡を遺した。歴史的社会進化論を排し、個人と個人、個人と集団、集団と集団の相互関係を中心テーマに「形式社会学」を確立した研究の集大成!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会学の問題(他の諸科学の方法的補助手段としての社会学
  • 特殊科学としての社会学とその客体 ほか)
  • 第2章 集団の量的規定(社会主義的秩序、その集団の範囲との関係
  • 圏の構造による集団成員の数的制限 ほか)
  • 第3章 上位と下位(相互作用としての上位と下位
  • 権威 ほか)
  • 第4章 闘争(積極的・社会学的形式としての闘争
  • 社会学的な形成の内部における有機的な機能としての敵対 ほか)
  • 第5章 秘密と秘密結社(社会化の条件としての相互の知識と無知
  • 虚言 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学
著作者等 Simmel, Georg
居安 正
ジンメル ゲオルク
書名ヨミ シャカイガク : シャカイカ ノ ショケイシキ ニ ツイテ ノ ケンキュウ
書名別名 SOZIOLOGIE

社会化の諸形式についての研究

Shakaigaku
巻冊次
出版元 白水社
刊行年月 2016.5
版表示 新装復刊
ページ数 417p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-560-09245-3
全国書誌番号
22729324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想