これでいいのか東京都板橋区

荒井禎雄 編

板橋区はマイナーだ。東京23区でも有数の「特徴のない地味な土地」である。そもそも東京に板橋という街があることを知らない人も多い。特徴を探ってみると、生活保護者数が多く治安が悪い…。鉄道駅は多いのに、複数路線が乗り入れるターミナル駅は皆無で各地が分断されている。そんなデータばかり出てくるのが、板橋区である。だが、板橋区は都内でも有数の「住みやすい」街だ。強力な商店街は大資本の量販店よりさらに安く、そこら中病院だらけなので健康面でも安心。近年ではマンション開発が進み「板橋価格」で新築の広い家に住める。問題点も多いが、同時に一種の「楽園都市」でもあるのが板橋なのである。本書は、豊富なデータ分析と取材から、なぜ板橋区はこのように特殊な街となったのか、その謎を解き明かす一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 板橋区って東京だったよね?(板橋区って何でこんなに無名なのよ?
  • 板橋区って地味なのに貧乏人だけやたらと目立ってない? ほか)
  • 第2章 歴史的に「道」に支配される板橋区(千年にわたって珍走団(暴走族)に悩まされる板橋区
  • 日本を代表する大気汚染地域・板橋の空気はヤバい! ほか)
  • 第3章 バイタリティがありすぎの板橋区の商店街(コンビニや100円ショップが通用しない!恐るべき板橋の商店街!
  • 普段でも安いのに特売とくりゃ…とにかく何でも叩き売り ほか)
  • 第4章 板橋区民はどんな生活をしているのか?(板橋区の家賃は安い?ウソかマコトか調べてみた
  • 板橋区民は働きたいのか!働けないのか!働かないのか! ほか)
  • 第5章 「わたしたちの板橋」の真実って?(板橋区の抱える問題は利点とセットになっていた!
  • 外国人犯罪が多いというのはウソ!今じゃ国際化モデル地域! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでいいのか東京都板橋区
著作者等 荒井 禎雄
書名ヨミ コレ デ イイ ノカ トウキョウト イタバシク
書名別名 Kore de i noka tokyoto itabashiku
シリーズ名 地域批評シリーズ 7
出版元 マイクロマガジン社
刊行年月 2016.4
ページ数 320p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-89637-558-9
全国書誌番号
22720507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想