沙羅沙羅越え

風野真知雄 [著]

戦国時代末期。越中の佐々成政は、天下取り最中の秀吉の野望を挫くため、孤軍奮闘していた。八方ふさがりの中、成政は、秀吉に対する徹底抗戦を家康に懇願しようと決意。敵地を避けて家康に会うには、厳冬期の飛騨山脈を越える必要があった。何度でも負けてやる-天下ではなく己の目前の道を見据えた、愚直な戦国武将。その悲哀と苦悩、誇り高き生き様を描いた本格歴史小説。第21回中山義秀文学賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沙羅沙羅越え
著作者等 風野 真知雄
書名ヨミ サラサラゴエ
書名別名 Sarasaragoe
シリーズ名 角川文庫 時-か53-90
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.4
ページ数 360p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-104437-7
NCID BB21227763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22719383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想