『吾輩は猫である』殺人事件

奥泉光 著

時は一九〇六年、魔都・上海。あの「猫」は生きていた-「吾輩」の主人・苦沙弥先生殺害事件の謎を解くために、英吉利猫のホームズ、ワトソンも加わり、猫たちの冒険が始まる。夏目漱石『吾輩は猫である』でおなじみの寒月、迷亭、東風、そして三毛子、さらには宿敵・バスカビル家の狗も登場。謎が謎を呼ぶ超弩級の猫ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『吾輩は猫である』殺人事件
著作者等 奥泉 光
書名ヨミ ワガハイ ワ ネコ デ アル サツジン ジケン
書名別名 Wagahai wa neko de aru satsujin jiken
シリーズ名 河出文庫 お34-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.4
ページ数 629p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41447-8
NCID BB21106656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22716221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想