幕末佐賀藩の科学技術  上

「幕末佐賀藩の科学技術」編集委員会 編

[目次]

  • 第1編 長崎警備体制の強化(一八世紀における佐賀藩の長崎警備
  • 長崎警備における三家-小城藩を事例として
  • 佐賀藩の情報収集と意思決定-天保〜嘉永期を中心に
  • 長崎港外防備強化策の進展過程-両島台場築造の様相について
  • 長崎両島台場の変遷-幕末期洋式砲台としての評価)
  • 第2編 反射炉の構築(ヒュゲーニン「鋳造書」の佐賀藩翻訳書の分析-『電子書籍・ノート』のソフトを用いて
  • 幕末佐賀藩における反射炉操業の変化と画期
  • 佐賀藩「御鋳立方の七賢人」-経歴と事績を中心に
  • 鍋島文庫『褒賞録』からみる御鋳立方の技術者
  • 佐賀藩反射炉見学者の実見録
  • 佐賀藩御鋳立方田中虎六郎の事績
  • 佐賀藩反射炉跡出土鉄関連遺物の自然科学的分析
  • 佐賀藩反射炉跡出土遺物の分析-レンガ・鉄滓の蛍光X線分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末佐賀藩の科学技術
著作者等 「幕末佐賀藩の科学技術」編集委員会
書名ヨミ バクマツ サガハン ノ カガク ギジュツ
書名別名 長崎警備強化と反射炉の構築
巻冊次
出版元 岩田書院
刊行年月 2016.2
ページ数 370p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86602-948-1
NCID BB20954219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22711136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想