教育を家族だけに任せない

大岡頼光 著

少子高齢化が急激に進む日本は、優秀な人材が家庭の貧富にかかわらず大学に進学できる社会システムを創り上げる必要がある…今の日本のように、家族が教育費を負担するのが当たり前という「家族主義」のままでは、稼ぎ手の親が倒れると大学進学は極端に難しくなる。「家族主義」を変え、家庭環境の激変があっても、子どもが自分の可能性を最大限に伸ばせる社会、「教育を家族だけに任せない」社会を構想した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人生の初めから家族だけに任せない文化を創る
  • 第1部 高等教育での親負担主義の問題点-スウェーデンとの比較(教育費負担の現状
  • 制度が文化を創る-スウェーデンの大学での親負担主義の廃止
  • 高等教育費の公的負担の根拠)
  • 第2部 就学前教育を無償化し信頼を創る(子どもの貧困解消-普遍主義か選別主義か
  • 就学前教育で政治への信頼を創れるか
  • 保育・就学前教育の無償化)
  • 家族主義を変える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育を家族だけに任せない
著作者等 大岡 頼光
書名ヨミ キョウイク オ カゾク ダケ ニ マカセナイ : ダイガク シンガク ホショウ オ ホイク ノ ムショウカ カラ
書名別名 大学進学保障を保育の無償化から
出版元 勁草書房
刊行年月 2014.3
ページ数 266,19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65386-7
NCID BB15171642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22386736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想