松の子ピノ : 音になった命

北門笙 文 ; たいらきょうこ 絵

松の木の子どもピノは、津波で親や友達を失い、悲しみの中、孤独な毎日を送っていました。一方、バイオリン作りの名人のおじいさんは、流された松の木でバイオリンを作ろうと思い立ちます。ピノとおじいさん、二人が出会い、そのバイオリンが奏でられるとき、奇跡がおとずれます。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松の子ピノ : 音になった命
著作者等 北門 笙
平 きょうこ
たいら きょうこ
書名ヨミ マツ ノ コ ピノ : オト ニ ナッタ イノチ
書名別名 Matsu no ko pino
出版元 小学館
刊行年月 2013.3
ページ数 1冊(ページ付なし)
大きさ 31cm
ISBN 978-4-09-726504-7
NCID BB12568865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22213745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想