学生野球憲章とはなにか : 自治から見る日本野球史

中村哲也 著

日本における学生野球のルールを定めた学生野球憲章は、2007年に特待生問題や裏金問題で批判にさらされたが、根本的には何が問題だったのか。学生野球が一大イベントとして大いに盛り上がった大正期、政府の政策課題として取り上げられ文部省の野球統制令が敷かれた昭和初期、弾圧を受けた戦中期までの歴史を駆け抜けるなかでみえてくる選手やOBの喜びと葛藤、学生野球への人々の熱狂、弾圧の実態を丁寧に描き出す。そして、戦前・戦中の歴史をふまえて国家に対抗するために「学生自治」の必要性を訴え、占領期にGHQと対立しながらスポーツと学生・教育の関係性を模索して学生野球憲章を制定する過程に迫る。戦後の野球部内での暴力事件やプロ・アマ問題、2010年に改正された学生野球憲章への評価なども射程に収めて、いまもなお人々を熱くさせる学生野球の今後を見通す意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 野球狂時代の光と影
  • 第2章 野球統制令の制定と学生野球界の抵抗
  • 第3章 戦時体制下の学生野球
  • 第4章 日本学生野球協会と学生野球憲章の成立
  • 第5章 佐伯時代の高校野球処分問題
  • 第6章 学生野球の変化と憲章の改正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学生野球憲章とはなにか : 自治から見る日本野球史
著作者等 中村 哲也
書名ヨミ ガクセイ ヤキュウ ケンショウ トワ ナニカ : ジチ カラ ミル ニホン ヤキュウシ
書名別名 Gakusei yakyu kensho towa nanika
シリーズ名 青弓社ライブラリー 65
出版元 青弓社
刊行年月 2010.8
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3318-9
NCID BB02953520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21812877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想