戦争と植民地支配を記憶する

三浦永光 著

[目次]

  • 序章 戦争と植民地支配の責任に関わる出来事を振り返る-一九九一〜二〇一〇年
  • 1 戦争と植民地支配をどう記憶するか(箕面市遺族会は憲法にいう宗教団体である-箕面忠魂碑・慰霊祭訴訟最高裁判決を聞いて
  • 政教分離原則、司法は厳格に ほか)
  • 2 首相の靖国参拝は何を意味するか(橋本首相の靖国参拝と「私の心の中の靖国」の意味
  • 靖国神社とは何か ほか)
  • 3 国際社会の中の日本(国連は公正か、過信は避けよ
  • 日本は国連PKOに参加してよいか ほか)
  • 4 平和運動の中で(韓国の戦争犠牲者遺族と日本の遺族
  • 「忠魂碑が崩れるのが見えるんだ」-神坂哲さんを想う ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と植民地支配を記憶する
著作者等 三浦 永光
書名ヨミ センソウ ト ショクミンチ シハイ オ キオクスル
書名別名 Senso to shokuminchi shihai o kiokusuru
シリーズ名 明石ライブラリー 138
出版元 明石書店
刊行年月 2010.7
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3245-1
NCID BB02825418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21807769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想