原則こそが、新しい。 : 武井昭夫状況論集 1980-1987

武井昭夫 著

[目次]

  • 1 大勢は大きく右へ-政界・労組の再編(さしせまった衆参同時選挙(一九八〇年六月)をめぐる政治動向-この状況が示すものをどう見るべきか
  • 衆参同時選挙(一九八〇年六月)の結果から見えてくるもの-自民党の圧勝はわれわれに何を語っているか
  • 右傾化に抗する左翼統一戦線の形成を-闘う労働者階級の戦列を築くために)
  • 2 日本共産党の変質-階級性の放棄、社会主義からの退却(日本共産党第十六回大会「決議案」批判)
  • 3 視よ、この現実の推移を!(情勢はなにをわれわれに求めているか
  • "反ソ・反社会主義"イデオロギーとの対決-十月革命六五周年・ソ連邦結成六〇周年の記念集会に寄せて
  • 最近の情勢について-われわれの課題解明のために
  • 最近の共闘-その経過と問題点
  • 新しい"革新"共闘の再建をめざそう
  • 総選挙戦(一九八三年十二月)に臨むに当って-マスコミに惑わされず真の反撃を!
  • 総選挙(一九八三年十二月)の結果が突き付けているもの-階級闘争の強化をめざそう!)
  • 4 独占資本家の指向と労組大幹部の意識(大企業トップたちの思想
  • ブルジョワ独裁-その断面
  • 総評議長、天皇の園遊会に行く-労組大幹部たちの意識と感覚1
  • 富塚三夫の"わが胸の底のここには"-労組大幹部たちの意識と感覚2
  • 宇佐美同盟会長の憲法感覚と愛国心-労組大幹部たちの意識と感覚3
  • トロイの木馬となった富塚三夫-労組大幹部たちの意識と感覚4
  • 赤信号、みんなで渡って地獄行き-労組大幹部たちの意識と感覚5)
  • 5 再び言う、この現実の直視を!(「棄権率史上最高」、そして"革新"の後退-東京都議会選挙(一九八五年七月)の結果をめぐって
  • この現実を直視しよう-衆参同日選挙(一九八六年七月)の結果について
  • ここから何を学ぶべきか-衆参同日選挙(一九八六年七月)結果と労働者階級
  • 揺るぎ出した中曽根政権にトドメの追撃を-統一地方選挙前半戦(一九八七年四月)の問題点
  • "売上税"選挙(一九八七年四月)の教訓-権力側の"朝三暮四"式詐術に騙されるな)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原則こそが、新しい。 : 武井昭夫状況論集 1980-1987
著作者等 武井 昭夫
書名ヨミ ゲンソク コソ ガ アタラシイ : タケイ テルオ ジョウキョウ ロンシュウ
書名別名 Gensoku koso ga atarashii
出版元 スペース伽耶 : 星雲社
刊行年月 2010.7
ページ数 437p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-434-14708-1
NCID BB03383257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21801502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"反ソ・反社会主義"イデオロギーとの対決 武井 昭夫
"売上税"選挙(一九八七年四月)の教訓 武井 昭夫
ここから何を学ぶべきか 武井 昭夫
この現実を直視しよう 武井 昭夫
トロイの木馬となった富塚三夫 武井 昭夫
ブルジョワ独裁-その断面 武井 昭夫
再び言う、この現実の直視を! 「棄権率史上最高」、そして"革新"の後退 武井 昭夫
右傾化に抗する左翼統一戦線の形成を 武井 昭夫
大勢は大きく右へ さしせまった衆参同時選挙(一九八〇年六月)をめぐる政治動向 武井 昭夫
宇佐美同盟会長の憲法感覚と愛国心 武井 昭夫
富塚三夫の"わが胸の底のここには" 武井 昭夫
揺るぎ出した中曽根政権にトドメの追撃を 武井 昭夫
新しい"革新"共闘の再建をめざそう 武井 昭夫
日本共産党の変質 日本共産党第十六回大会「決議案」批判 武井 昭夫
最近の共闘-その経過と問題点 武井 昭夫
最近の情勢について-われわれの課題解明のために 武井 昭夫
独占資本家の指向と労組大幹部の意識 大企業トップたちの思想 武井 昭夫
総評議長、天皇の園遊会に行く 武井 昭夫
総選挙(一九八三年十二月)の結果が突き付けているもの 武井 昭夫
総選挙戦(一九八三年十二月)に臨むに当たって 武井 昭夫
衆参同時選挙(一九八〇年六月)の結果から見えてくるもの 武井 昭夫
視よ、この現実の推移を! 情勢はなにをわれわれに求めているか 武井 昭夫
赤信号、みんなで渡って地獄行き 武井 昭夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想