江戸東京落語散歩 : 噺の細道を歩く

柳家小満ん 著

落語ゆかりの地を深く知る絶好の"読む"案内書。日本橋「明烏」から北千住「わら人形」まで、大通りから細道や路地、そして大川から掘割、東京の随所に今も江戸が、落語が生きている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本橋界隈とその周辺
  • 上野を中心に
  • 浅草近辺
  • 隅田川流域と向島
  • 江戸近郊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸東京落語散歩 : 噺の細道を歩く
著作者等 柳家 小満ん
書名ヨミ エド トウキョウ ラクゴ サンポ : ハナシ ノ ホソミチ オ アルク
出版元 河出書房新社
刊行年月 2009.9
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-01940-6
NCID BA91615023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21660032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想