兵法・入門経営戦略における「勝利の法則」

西村克己, 武田鏡村 著

経営戦略の歴史をさかのぼると、兵法(軍事の戦略)が基礎にあることが分かる。兵法のDNA(遺伝子)は、現代の経営に脈々と継承されている。たとえば、「孫子の兵法」が最も推奨している有名な「戦わずして勝つ」とは、「戦争をしないで領土を手に入れること」である。これは、現代経営戦略論でいうところの、企業のM&A(合併・買収)やアライアンス(業務提携)に通じるところがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 時代を超えて語り継がれる戦略「孫子の兵法」
  • 第2章 優勝劣敗の戦略・戦術
  • 第3章 勝利するためには何をすべきか
  • 第4章 競争優位の戦略・兵法の定石
  • 第5章 競争回避の戦略・兵法の定石
  • 第6章 経営資源集中の戦略・兵法の定石
  • 第7章 経営管理と統治の戦略・兵法の定石

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵法・入門経営戦略における「勝利の法則」
著作者等 武田 鏡村
西村 克己
書名ヨミ ヘイホウ ニュウモン ケイエイ センリャク ニ オケル ショウリ ノ ホウソク
書名別名 図解戦略経営に活かす兵法入門
シリーズ名 宝島sugoi文庫
出版元 宝島社
刊行年月 2009.7
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-7246-7
全国書誌番号
21622890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想