九州の苗字を歩く  大分・宮崎編

岬茫洋 著

苗字は弥生時代から今に至る先祖の記憶であり、地名と深くかかわっている。丹念な実地踏査による著者渾身の労作。福岡編、佐賀・長崎編、熊本編に続くシリーズ第4弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大分編(日田・玖珠
  • 大分郡域
  • 大分
  • 別府・杵築 ほか)
  • 宮崎編(延岡
  • 高千穂・五ヶ瀬
  • 日向・椎葉
  • 高鍋・木城 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 九州の苗字を歩く
著作者等 岬 茫洋
書名ヨミ キュウシュウ ノ ミョウジ オ アルク
書名別名 Kyushu no myoji o aruku
巻冊次 大分・宮崎編
出版元 梓書院
刊行年月 2008.12
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87035-328-2
NCID BA61021110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21521423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想