第三帝国の興亡  3

ウィリアム・L.シャイラー 著 ; 松浦伶 訳

1939年の夏、世界に衝撃が走った。長年の敵対関係から一転して、ドイツがソ連と不可侵条約を締結したのである。それからわずか九日後、ヒトラーはポーランド侵攻作戦"白"を発動させ、ドイツ軍はワルシャワを目ざして進撃を開始する。以後約六年にわたる世界大戦が勃発したのだ。ヒトラーが不倶戴天の敵スターリンと手を結ぶに至った経緯とは。なぜ英仏をはじめとする諸国は、ヒトラーの野望を食い止められなかったのか。膨大な資料と豊富な取材経験を駆使してナチス第三帝国の全貌を描き上げる、第一級の歴史ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 戦争への道(承前)(ポーランドの番
  • ナチ‐ソヴィエト条約
  • 平和の最後の日々
  • 第二次世界大戦はじまる)
  • 第4部 戦争-初期の勝利、そして転機(ポーランドの滅亡
  • 西部の坐り込み戦
  • デンマーク、ノルウェーの征服)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第三帝国の興亡
著作者等 Shirer, William L.
Shirer, William Lawrence
松浦 伶
Shirer William L.
シャイラー ウィリアム・L.
書名ヨミ ダイサン テイコク ノ コウボウ
書名別名 The rise and fall of the third reich

第二次世界大戦 = World war 2
巻冊次 3
出版元 東京創元社
刊行年月 2008.8
ページ数 538p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-488-00378-4
NCID BA86949686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21486914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想