市民社会と責任

棚瀬孝雄 編

[目次]

  • 第1部 現代の責任観念(責任観念のゆらぎ-現代における暴力の発見と責任追及
  • 帰責すべきは誰か-フーコーの存在論的権力概念
  • 国家の時代の終わり?
  • 「国民感覚」と刑事責任
  • 過去の傷はいかにして癒されるか-被害を物語る力の可能性
  • 専門家の責任-法と法律家の役割
  • 「化学物質過敏症」と民事過失論)
  • 第2部 法と責任に関する意識調査(責任意識の構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民社会と責任
著作者等 棚瀬 孝雄
書名ヨミ シミン シャカイ ト セキニン
書名別名 Shimin shakai to sekinin
シリーズ名 京都大学大学院法学研究科COE研究叢書
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.3
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-12515-5
NCID BA81478367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21223313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想