戦国三好一族 : 天下に号令した戦国大名

今谷明 著

四国・阿波一国の支配者だった三好一族は、いかにして日本列島の中心地(畿内)の支配者へと登り詰めたか-信長以前に京・畿内で活躍した三好長慶を初めとするこの一族は、統一政権の成立を遅らせた「あだ花」だったのか。長慶の父、元長が、堺に事実上の幕府(堺幕府)を成立させたことは意外と知られていない。その後、長慶が13代将軍の義輝と管領の細川晴元を京から追放し、畿内を含む8ヵ国を支配する。京・奈良・堺の三大先進地を中心に高度に発達した商工業圏を形成し、幕府、天皇・公家、宗教勢力との関係を調整するなど、事実上の「天下人」となる。武力では信長に敗れたものの、実は歴史の選択肢として三好一族の歩みはもうひとつの統一政権への可能性を秘めていたのではないか。歴史の通説を覆す名著の復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 上洛以前
  • 第2章 畿内進出
  • 第3章 堺幕府、畿内を支配す
  • 第4章 雌伏十七年
  • 第5章 幕府との苦闘
  • 第6章 八ヵ国の覇者
  • 第7章 暗転

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国三好一族 : 天下に号令した戦国大名
著作者等 今谷 明
書名ヨミ センゴク ミヨシ イチゾク : テンカ ニ ゴウレイシタ センゴク ダイミョウ
書名別名 Sengoku miyoshi ichizoku
シリーズ名 MC新書 14
出版元 洋泉社
刊行年月 2007.4
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86248-135-1
NCID BA81885087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想