カール・シュミットの挑戦

シャンタル・ムフ 編 ; 古賀敬太, 佐野誠 編訳

[目次]

  • 序 シュミットの挑戦
  • 第1章 カール・シュミットの決断主義
  • 第2章 ポスト‐政治の時代におけるカール・シュミット
  • 第3章 カール・シュミットと自由民主主義のパラドックス
  • 第4章 カール・シュミットと「世界統一」
  • 第5章 国家への信頼の回復
  • 第6章 カールからカールへ-マルクスの読者としてのシュミット
  • 第7章 カール・シュミットとマックス・アドラー-政治とデモクラシーの非両立性
  • 第8章 カール・シュミット対マックス・ヴェーバー-法的合理性と経済的合理性
  • 第9章 政治的秩序と民主主義-カール・シュミットとその影響
  • 第10章 カール・シュミットとヨーロッパ法学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・シュミットの挑戦
著作者等 Mouffe, Chantal
佐野 誠
古賀 敬太
ムフ シャンタル
書名ヨミ カール シュミット ノ チョウセン
書名別名 The challenge of Carl Schmitt. (第1章-第10章)

Karu shumitto no chosen
出版元 風行社
刊行年月 2006.5
ページ数 300, 9p
大きさ 22cm
ISBN 493866285X
NCID BA7716309X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21142228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
カールからカールへ ジョージ・E.ドティ, 佐野 誠
カール・シュミットと「世界統一」 ジャン=フランソワ・ケルヴェガン, 古賀 敬太
カール・シュミットとマックス・アドラー グリゴリス・アナニアディス, 青木裕子
カール・シュミットとヨーロッパ法学 アゴスティーノ・カリーノ, 塩見佳也
カール・シュミットと自由民主主義のパラドックス シャンタル・ムフ, 青木裕子
カール・シュミットの決断主義 ポール・ハースト, 竹島博之
カール・シュミット対マックス・ヴェーバー カトリーヌ・コリヨ=テレーヌ, 内藤葉子
ポスト-政治の時代におけるカール・シュミット スラヴォイ・ジジェク, 上谷修一郎
国家への信頼の回復 デイビッド・ダイゼンハウス, 高橋愛子
政治的秩序と民主主義 ウルリッヒ・K.プロイス, 松尾哲也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想