兵士と母

陸軍省つはもの編輯部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 兵士と母(序に代へて) / 1
  • 出征に際し祖先の靈前につはものの覺悟を訓ふる母 / 15
  • 昭和の「一太郎ヤーイ」 / 19
  • 我が子の遺骨を迎へて / 21
  • 「死んで親に名譽を殘してくれた」と感激する勇士の母 / 25
  • 「私は泣きます、人樣のゐない所で」 / 27
  • 負傷した我が子に「樣づけ」する母親 / 31
  • 母の弔電 / 32
  • 母親を懐ふ勇士の遺書 / 33
  • 母の遺言に勵まされて勇躍する軍曹 / 35
  • 母を懐ふ兵士の歌 / 36
  • 陣中母を懐ふ古歌 / 38
  • 「母は遺骨を待つてゐます」と白裝束を送る / 44
  • 我が子の身代りに立つた母親 / 46
  • 戰場の愛兒に父の死を祕むる母 / 48
  • 高橋上等兵の母 / 51
  • 死に直面して我子を勵ます母 / 56
  • 在隊間の零細な貯金を青年訓練所に寄附した現役兵とその母 / 59
  • 危篤の母を殘して演習に應召 / 61
  • 母の死に歸らぬ出動間際の兵士 / 63
  • 母の激勵に戰場の花と散る / 65
  • 「母は覺悟してゐます、人におくれを取るな」 / 70
  • 父の死を祕す涙ぐましい母親の心事 / 72
  • 母の乳房に甦る傷兵 / 74
  • 條理を盡した息子の手紙と健氣な母親 / 78
  • 自分の寫眞を送らぬ母 / 80
  • 此の母にして此の子あり / 82
  • 親を氣にするな、運を天に任せて戰へ / 86
  • 女勞働者となつて子を勵ます母 / 87
  • 男まさりの「海軍のおばさん」 / 89
  • 萬人力お守の「兵隊婆さん」 / 94
  • 全身熱と血!「兵隊の小母さん」 / 96
  • 第一線を慰問した兵隊婆さんの感想 / 104

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 兵士と母
著作者等 陸軍省つはもの編輯部
書名ヨミ ヘイシ ト ハハ
シリーズ名 つはもの叢書 ; 8
出版元 つはもの
刊行年月 昭和9
ページ数 108p
大きさ 15cm
NCID BB24023839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想