飢饉から読む近世社会

菊池勇夫 著

[目次]

  • 歴史的体験としての飢饉
  • 第1部 飢饉の非常態-民衆の飢饉体験(旅人のみた天明の飢饉
  • コモカブリ考-乞食の姿について
  • 飢饉下の捨て子・子殺し-東北地方を事例に ほか)
  • 第2部 飢饉と列島社会(享保・天明の飢饉と政治改革-中央と地方、権力と市場経済
  • 天命の飢饉と社会変動-盛岡藩「奥通」の場合
  • 松前・蝦夷地の飢饉 ほか)
  • 第3部 救荒・備荒の社会システム(施行小屋の実態と機能-宝暦の飢饉・盛岡藩を事例に
  • 損毛届と幕藩関係-盛岡藩を事例に
  • 三年の蓄えなきは国にあらず-幕藩制社会の危機感理論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飢饉から読む近世社会
著作者等 菊池 勇夫
書名ヨミ キキン カラ ヨム キンセイ シャカイ
書名別名 Kikin kara yomu kinsei shakai
出版元 校倉書房
刊行年月 2003.10
ページ数 448p
大きさ 22cm
ISBN 4751734709
NCID BA6401614X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20527132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想