都市への/からの視線

若林幹夫 著

近代資本制の発展とともに遍在化し、人びとが生きる社会的空間をたえず再編制・構造化しつづける都市。不可視であると同時にすぐそこにあり、空虚であることによって無限に意味を生成するメディアの場であるそれは、人やモノ、記号や情報の加速度的な交通の果てに今日の大衆消費社会を用意した。都市論の系譜学、東京論の射程、視線が禁止される郊外、都市の境界線の視角から都市の性質を解明し、そこに生きる人びとの振る舞いを紡ぎ出す。社会学、都市論、メディア論、記号論、構造論を横断して、思考のハイブリッドとパラドキシカルな論証方法から社会のトポス=都市の現在形を究明する論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 個人的、かつ社会的に
  • 第1章 外部の内部化
  • 第2章 都市空間の現在
  • 第3章 都市・環境の近代と社会の現在
  • 第4章 交通空間としての都市
  • 第5章 速度、あるいは、東京論の無意識へ
  • 第6章 郊外論の地平
  • 第7章 視線と意匠-郊外ニュータウン試論
  • 第8章 住居-社会的媒体としての
  • 第9章 現代都市の境界線-包装される都市と身体
  • 結章 都市、あるいは人間の自然

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市への/からの視線
著作者等 若林 幹夫
書名ヨミ トシ エノ カラノ シセン
書名別名 Toshi eno karano shisen
シリーズ名 青弓社ライブラリー 31
出版元 青弓社
刊行年月 2003.10
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 4787232215
NCID BA64204434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20490943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想