交通

荒井秀規 [ほか]共編

道を通して見る日本の歴史。古代〜近代史の中で、陸の道、海・川・湖の道が果した役割を、人の移動・物資の運搬・情報伝達・乗物の角度から平易に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(古代の交通
  • 中世の交通 ほか)
  • 2 道と旅(ヤマトタケルのみち
  • 古代国家と道路 ほか)
  • 3 物流(ものの移動
  • 都へ税を運ぶ ほか)
  • 4 情報と通信(駅伝制
  • 関の機能 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交通
著作者等 佐々木 虔一
荒井 秀規
佐藤 美知男
櫻井 邦夫
桜井 邦夫
書名ヨミ コウツウ
書名別名 Kotsu
シリーズ名 日本史小百科
出版元 東京堂
刊行年月 2001.6
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4490204337
NCID BA52491190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20415121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想