情報化時代の経営科学

水野幸男 編

本書ではまず「情報化時代の経営戦略」として経営科学と情報化の両面についてその発展形態を検討し21世紀の経営科学のあり方、進め方を論じている。"AT"の変化では"B2B"(企業間の関係:business to business)、"B2C"(企業と消費者の関係:business to consumer)に重点をおいて「eビジネスシステムと経営戦略」をまとめている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報化時代の経営戦略(情報化の進展とその特徴
  • 経営戦略としてのORの発展)
  • 2 eビジネスシステムと経営戦略(経営情報化の意義
  • 経営情報化の流れ ほか)
  • 3 eガバメントシステム(経営科学と電子政府・電子自治体
  • フロント業務系のGPR ほか)
  • 4 情報化に関する諸法則と新しいビジネス構造(情報化に関する法則
  • 新しいビジネス構造)
  • 付録A OR関連ソフトウェア(統計解析
  • 数理計画 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報化時代の経営科学
著作者等 水野 幸男
書名ヨミ ジョウホウカ ジダイ ノ ケイエイ カガク
シリーズ名 経営科学のニューフロンティア : 日本オペレーションズ・リサーチ学会40周年記念 / 伊理正夫 ほか編 15
出版元 朝倉書店
刊行年月 2003.3
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4254275250
NCID BA61457455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想