音楽史の形成とメディア

大崎滋生 著

鳴り響くとともに消える音の記憶は、どのように歴史の語りになっていったのか。われわれが音楽の歴史を語る時、自明の前提にしている「西洋音楽史」という歴史の語りや、特定のレパートリーが繰り返し演奏されるといった「クラシック音楽」という文化の制度は、どのように作られてきたのか。本書では、音楽の歴史は、音楽そのものではなく、音楽を記録・伝達し、再現・評価し、選択・配列する社会の技術と制度である「メディア」によって形成されたという観点から、従来の「西洋音楽史」「クラシック音楽」というパラダイムを大胆に解体してみせ、音楽史研究の新しいパースペクティヴを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 音楽/歴史/メディア("芸術"とは?-受容する"芸術"と"芸術的営為"
  • メディアとは?
  • 音楽とメディアのさまざまな関係について
  • 近代の歴史はメディアによって伝えられる)
  • 第2部 ヨーロッパ"芸術"音楽と印刷楽譜メディア(記譜法の社会史
  • 楽譜伝播のメカニズム
  • 楽譜印刷と印刷楽譜)
  • 第3部 クラシック"音楽メニュー"はどのようにして出来上がっていったか(楽譜カタログから見えてくるもの
  • 「叢集・全集」の意味)
  • 第4部 二〇世紀の音楽メディア革命(音楽産業
  • 録音技術とディスク
  • LPとCD
  • 音楽ビデオとLD)
  • 第5部 クラシック音楽文化の根底を成すもの("芸術"音楽鑑賞"メニュー"はどのようにして形成されたか
  • 音楽史は音楽メディアによって創られる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽史の形成とメディア
著作者等 大崎 滋生
書名ヨミ オンガクシ ノ ケイセイ ト メディア
書名別名 Ongakushi no keisei to media
シリーズ名 平凡社選書 218
出版元 平凡社
刊行年月 2002.11
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4582842186
NCID BA59754243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20374089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想