自由の条件 : 90年代日本における公共性のゆくえ

松原隆一郎 著

阪神大震災・オウムサリン事件と現代日本の問題が露呈した95年。ここから「公共性」の崩壊が始まった。気鋭の社会経済学者が見通す新世紀日本の歩むべき道。「公共性」なき論壇を震撼せしめる評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自由の条件
  • 第2部 公共性のゆくえ
  • 1996(ルール感覚の欠如
  • 値踏み番組が教える-「金」だけが共通言語 ほか)
  • 1997(「流通革命」から流通の「日本モデル」へ
  • 自虐史観と自尊史観に分岐した96年の論壇 ほか)
  • 1998(リチャード・ドーキンス氏を迎えて
  • 大蔵危機 ほか)
  • 1999(都市づくりと「顔見知り」原理
  • マネーの日米関係から何を読むか-書評・「マネー敗戦」吉川元忠著 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由の条件 : 90年代日本における公共性のゆくえ
著作者等 松原 隆一郎
書名ヨミ ジユウ ノ ジョウケン : 90ネンダイ ニホン ニ オケル コウキョウセイ ノ ユクエ
書名別名 Jiyu no joken
出版元 四谷ラウンド
刊行年月 1999.7
ページ数 471, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4946515321
NCID BA42997692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想