龍蛇神 : 諏訪大明神の中世的展開

原直正 著

『蛙狩神事と本宮拝幣殿方角の謎』-毎年正月元旦の早朝、諏訪大社上社本宮では正面入口の御手洗川の川底より蛙を捕らえ、その後、拝幣殿において神官が三方に載せた蛙を小弓に矢をつがえて射貫き、神前に供える「蛙狩神事」が行われる。本書では、この神事を起点として丹念に史料を紐解きながら、中世、全国に広まった龍蛇神・諏訪大明神のもうひとつの顔とでもいうべき「宇賀神」の姿を浮かび上がらせていく。『御柱神事の循環構造』-7年ごとに巡ってくる寅と申の年に行われる御柱神事。諏訪大社上社の御柱神事には、特別な役目を負った、「山作衆」と「八龍神社氏子衆」という集団がある。これら二つの集団の存在意義を解き明かした論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 蛙狩神事と本宮拝幣殿方角の謎(蝦蟆を狩る神
  • 変成する中世の諏訪大明神
  • 本宮拝幣殿の方角の謎
  • 光り輝く宝珠・御座石
  • 本覚思想と諏訪社
  • 諏訪信仰と龍宮
  • 仏舎利相承系譜と八条院領諏訪神社
  • "補稿"新生諏訪大明神の祭祀)
  • 第2部 御柱神事の循環構造(御柱神事にかかわる二つの奉仕集団
  • 八龍から御柱への変化身-八龍神の行いを体現する人びと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍蛇神 : 諏訪大明神の中世的展開
著作者等 原 直正
書名ヨミ リュウジャシン : スワ ダイミョウジン ノ チュウセイテキ テンカイ
書名別名 Ryujashin
シリーズ名 樹林舎叢書
出版元 樹林舎 : 人間社
刊行年月 2012.12
版表示 初版
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-931388-71-0
NCID BB11564858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22198214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想