魔術士オーフェンはぐれ旅  9

秋田禎信 著

"最接近領"にだどり着いたオーフェンは、レティシャから一丁の拳銃を託され、"領主"に仕える"白魔術士"ダミアンから「6人が死ぬ」という不気味な予言を知らされるのだった。オーフェンは予言に抗うべく、行動を開始する(『我が庭に響け銃声』)。暗殺者と魔術士による大規模な戦闘から一夜が明け、オーフェンは無事に生き延びたものの、マジクとクリーオウの様子に違和感を覚える。断続的に訪れる襲撃に疲労する一行の前に"白魔術士"ダミアが現れる(『我が館にさまよえ虚像』)。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術士オーフェンはぐれ旅
著作者等 秋田 禎信
書名ヨミ マジュツシ オーフェン ハグレタビ
書名別名 Majutsushi ofen haguretabi
巻冊次 9
出版元 TOブックス
刊行年月 2012.5
版表示 新装版.
ページ数 527p 図版10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904376-83-6
NCID BB01623258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22107128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
我が底に響け銃声 秋田 禎信
我が館にさまよえ虚像 秋田 禎信
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想