魔術士オーフェンはぐれ旅  約束の地で

秋田禎信 著

「魔王」と呼ばれたオーフェンがキエサルヒマ大陸を追われ、「原大陸」へと上陸を果たしてから20年。開拓団は様々な困難を乗り越えつつも発展を続け、ついには大陸同士の国交も結ばれるようになった。「原大陸」で魔術学校の校長に就任したオーフェンは、キエサルヒマへの帰還を果たす。そこで再会したのはかつての同窓たる仲間たちと、彼らの息子であるマヨール・マクレディだった。オーフェンは「牙の塔」での講演で若き魔術士たちを挑発し、「原大陸」へと誘う。3年後、マヨールは妹であるベイジット・パッキンガムとともに「原大陸」に渡る。そこはマヨールにとってすべてが刺激的な場所だった。「神人種族」による干渉、世界と人との危ういバランス、新しき技「魔王術」。そして、3人の「魔王の娘」…。二つの世代は交錯し、新たな物語が始まる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術士オーフェンはぐれ旅
著作者等 秋田 禎信
書名ヨミ マジュツシ オーフェン ハグレタビ
書名別名 SORCEROUS STABBER ORPHEN

Majutsushi ofen haguretabi
巻冊次 約束の地で
出版元 TOブックス
刊行年月 2011.10
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904376-70-6
NCID BB01623258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22002720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想