インターネットヒストリー : オープンソース革命の起源

Neil Randall 著 ; 村井純 監訳 ; 田中りゅう, 村井佳世子 共訳

1960年代にARPANETから出発したインターネットは、今や様々な分野で必要不可欠な存在となり、さらに次世代の応用技術やオープンソースプロジェクトを支えるインフラとして発展を続けている。本書は、今世紀最後にして最大の発明とも言われるインターネットの発展の経緯を、その創始の時代から実際に関与したキーパーソンのインタビューやエピソードを交えて、生きたインターネットの歴史を明らかにする。インターネットという壮大なドラマを的確に把握するための貴重な資料として、また今後の技術および関連文化の方向性を探るうえで、幅広く期待に応える1冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物語はここから始まった
  • ARPANET事始め
  • 明日にはなんとかうまく動くさ:最初のデモに向けて
  • ヴィント、プロトコルについて大いに語る:TCP/IPの誕生
  • 「それでどうやったらAが取れる?」:もう1つの学生運動
  • 「それは初耳だ」:USENETの始まりと拡大
  • これ少しにあれ少し:CSNET、BITNET、Great White、NetNorth
  • NSFNETから90年代は始まった
  • オーバーロード!オーバーロード!情報は手に入れるべし
  • ベツレヘムに向けてまっしぐらに進む:gopherと新たな誓い〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットヒストリー : オープンソース革命の起源
著作者等 Randall, Neil
村井 佳世子
村井 純
田中 りゅう
ランダール ニール
書名ヨミ インターネット ヒストリー : オープン ソース カクメイ ノ キゲン
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 1999.6
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 4900900923
NCID BA42041697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想