怒りは正しく晴らすと疲れるけれど

日垣隆 著

巷の莫迦に全力投球で怒る著者。みずほ銀行、ダスキン、経済評論家…怒るべき相手は溢れているから身が持たない。なのに、なぜここまで怒るのか?真面目に怒っているのになぜ笑えるのか?この怒りは私憤か公憤か?読者がご判断ください。「あとがき」では、ダスキン、みずほ銀行ほかとの「その後」も!怒りのボランティアに終わりはない。1年7カ月にわたるお笑い奮闘日記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独立したと思ったら倒産の巻
  • ビジネス書を密かに読むの巻
  • 字数はいつも正確にの巻
  • シュークリームの袋をシュレッダーにかけるの巻
  • 眠れぬ夜のためにの巻
  • 読者サービスの過剰の巻
  • 俺は死んだのかの巻
  • ジェットコースターが一番怖いの巻
  • 得意なことで食うの巻
  • あんたら、それでもプロなの?の巻
  • こっちは命かけてるんだッの巻
  • へっぴり腰の謝罪がそんなに偉いのかの巻
  • これで締め切りラッシュを脱出の巻
  • 正気の沙汰かの巻
  • 誤差の範囲についての巻
  • 大莫迦者!の巻
  • 沈む夕陽を見ながらの巻
  • 総会屋雑誌は御臨終の巻
  • 四〇年の巻
  • 「知的生活の方法」再びの巻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怒りは正しく晴らすと疲れるけれど
著作者等 日垣 隆
書名ヨミ イカリ ワ タダシク ハラス ト ツカレル ケレド
書名別名 Ikari wa tadashiku harasu to tsukareru keredo
出版元 ワック
刊行年月 2009.8
ページ数 340p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89831-133-2
NCID BB0008425X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21641473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想