乳酒の研究

越智猛夫 著

[目次]

  • 乳と乳酒文化史序説
  • わが国における乳製品の生産
  • 日本における乳製品の利用
  • 現代の遊牧社会と乳酒誕生の背景
  • モンゴル族の乳利用に関する実態的研究
  • モンゴル人の食生活における乳酒の意義
  • モンゴル国におけるアイラグ研究
  • 内、外蒙古における乳加工用語の変異
  • 乳と仏教渡来が与えた食文化的影響
  • 醍醐と醍醐燈を結ぶインド、チベット、中国、日本およびモンゴルの乳文化圏〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳酒の研究
著作者等 越智 猛夫
書名ヨミ ニュウシュ ノ ケンキュウ
書名別名 Nyushu no kenkyu
出版元 八坂書房
刊行年月 1997.2
ページ数 410, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4896946936
NCID BA29936682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97074345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想