団塊の世代とは何だったのか

由紀草一 著

過剰意味づけ、うるさい、自分の主張を押しつける、せっかち、リーダーシップなし、責任をとらない、被害者意識ばかり…いまや団塊世代をバッシングする言葉は何らの緊張感なしに垂れ流されている。しかし、誰にそう言い切る資格があるのか?純粋戦後世代第一号たるこの世代を論じることは、とりもなおさずこの国の戦後が無意識に追求してきたものを論じることに他ならない。好悪の感情ではなく、自分を論じるようにこの世代を論じ切ることは、じつに戦後を、身勝手を正当化するだけのろくでもない代物にするか生きる根拠とするか、の分かれ目である。嫌われ続ける団塊の世代、その根拠の正否を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 団塊世代の真後ろで-私の立場
  • 第1章 幼くして民主主義教育を受ける
  • 第2章 学生として乱を起こす
  • 第3章 若者として歌う
  • 第4章 サラリーマンとして惑う
  • 終章 日暮れて道はなく、課題はある

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 団塊の世代とは何だったのか
著作者等 由紀 草一
書名ヨミ ダンカイ ノ セダイ トワ ナンダッタノカ
書名別名 Dankai no sedai towa nandattanoka
シリーズ名 新書y
出版元 洋泉社
刊行年月 2003.10
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4896917634
NCID BA6410958X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20489967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想