ゲームクリエイターの原体験

ゲーム批評編集部 編

ゲーム批評で好評連載中の「クリエイターの原体験」が遂に単行本に。ゲーム開発に関わる秘話から普段語られない幼少時代の体験談まで、素顔のクリエイターに迫る。あの「ゲーム」のあの"アイデア"はどこから生まれたのか?その手がかりに触れてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 横井軍平-まず自分が楽しむために作り続けてきたんです
  • 亙重郎-セガには競馬新聞片手に面接に行きました
  • 安田朗-カプコンにはパジャマで面接に行きました
  • 佐々木建人-今度転職するとしたら水商売が良いですね
  • 斎藤晃-言いたくないんですが、没ゲーの王者なんです
  • 薗部博之-僕にとってゲーム作りが最高のゲームなんです
  • 百田郁夫-学校の勉強そっちのけで将棋をしていました
  • 遠藤琢磨-小さい頃にやっていた紙工作。それがクリエイターの原点だった
  • 米光一成-思いついたことを、形にするのが好きだったんです
  • 小松千佐子-女性の資質を生かしたゲームがもっとあっていいと思う〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲームクリエイターの原体験
著作者等 ゲーム批評編集部
書名ヨミ ゲーム クリエイター ノ ゲンタイケン
書名別名 Gemu kurieita no gentaiken
出版元 マイクロデザイン
刊行年月 2001.10
ページ数 146p
大きさ 19cm
ISBN 4896370651
NCID BA54333612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20248266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想