ブランドなんか、いらない : 搾取で巨大化する大企業の非情

ナオミ・クライン 著 ; 松島聖子 訳

英「タイムズ」紙が「いま35歳以下でもっとも世界で影響力のある人物」と評する若きジャーナリストが、いまや世界的となった反ブランド運動の背景と実態を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ノー・スペース-奪われた公共空間(新しいブランド世界-ブランドの誕生、死、そして復活
  • ブランドの拡大戦略-ロゴはいかにして中央舞台に立ったか ほか)
  • 第2部 ノー・チョイス-奪われた選択肢(増殖するスーパーブランド-新・フランチャイズ爆弾
  • 合併とシナジー-エリートたちのユートピア ほか)
  • 第3部 ノー・ジョブ-奪われた仕事(見捨てられた工場-製造なんて、くだらない
  • 先進国の労働者いじめ-タダ働きから「フリーエージェント」まで ほか)
  • 第4部 ノー・ロゴ-そして反撃は始まった(カルチャー・ジャム-攻撃された広告看板
  • リクレイム・ザ・ストリート-自由空間を取り戻そう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブランドなんか、いらない : 搾取で巨大化する大企業の非情
著作者等 Klein, Naomi
松島 聖子
クライン ナオミ
書名ヨミ ブランド ナンカ イラナイ : サクシュ デ キョダイカスル ダイキギョウ ノ ヒジョウ
書名別名 No logo

Burando nanka iranai
出版元 はまの
刊行年月 2001.5
ページ数 437p
大きさ 22cm
ISBN 4893613251
NCID BA51966827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20243338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想