ずるい!?

青木高夫 [著]

1998年長野オリンピック、日本のスキージャンプ陣はビッグジャンプを連発し、輝かしい結果をおさめた。その直後、欧米人が主導する国際競技委員会は新ルールを導入、日本人ジャンパー達は不振の時代を迎えた…。「ずるい!」「またかよ!!」なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか?この苦々しい思いから脱却するにはどうすればよいのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 日本人はルールを守りすぎて損をしていないだろうか?
  • 第1章 なぜ私たちはルール変更を「ずるい」と思うのか?
  • 第2章 実際に「ずるい」を味わってみる
  • 第3章 ルールを変えれば本当に勝てるのか?
  • 第4章 ルールがあってこそ成長する
  • 第5章 ルール作りのプリンシプル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ずるい!?
著作者等 青木 高夫
書名ヨミ ズルイ : ナゼ オウベイジン ワ ヘイキ デ ルール オ カエル ノ カ
書名別名 なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか

Zurui
シリーズ名 ディスカヴァー携書 47
出版元 ディスカヴァー・トゥエンティワン
刊行年月 2009.12
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88759-779-2
NCID BB0061407X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想