隼人と古代日本

永山修一 著

隼人=「夷狄」とする従来の歴史観に疑問を呈し、律令国家によって「擬似民族集団」として征服の対象とされた彼らの抵抗と戦いの歴史、また班田制の完全適用によるその消滅を描き、律令政府の支配の論理を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古墳時代の南九州
  • 第2章 隼人の登場
  • 第3章 隼人の戦いと国郡制
  • 第4章 隼人支配の特質
  • 第5章 隼人の「消滅」
  • 第6章 平安時代前期の南九州
  • 第7章 平安時代中期の南九州

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隼人と古代日本
著作者等 永山 修一
書名ヨミ ハヤト ト コダイ ニホン
書名別名 Hayato to kodai nihon
シリーズ名 同成社古代史選書 6
出版元 同成社
刊行年月 2009.10
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-497-3
NCID BA91553356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21677639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想