広告効果論 : 情報処理パラダイムからのアプローチ

仁科貞文 編著

認知、記憶、態度などに関する認知心理学や社会心理学の概念や理論を、広告活動と消費者の心理的反応との関係にあてはめて、広告の「コミュニケーション効果」がどのようにして「消費者行動効果」に発展するかについての図式を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広告効果の考え方
  • 第2章 インテグレーションモデル-新しい広告効果・統合モデル
  • 第3章 インテグレーションモデルと広告戦略
  • 第4章 広告効果と新しい広告戦略の提案
  • 第5章 広告効果と関連理論・手法
  • 第6章 広告効果の枠組みの拡大
  • 第7章 広告効果の一般化へ向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広告効果論 : 情報処理パラダイムからのアプローチ
著作者等 仁科 貞文
書名ヨミ コウコク コウカ ロン : ジョウホウ ショリ パラダイム カラノ アプローチ
書名別名 Kokoku koka ron
出版元 電通
刊行年月 2001.3
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4885531470
NCID BA51251260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想