科学と意識・結論

カール・プリブラム ほか著 ; 大沼忠弘 監訳

コルドバ国際シンポ全レポート。こころとコスモスをむすぶニューサイエンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心・脳と意識-適性と行動の機構
  • 2 ヘシュカズム-思考の沈黙から見た人間行動の神経サイバネティックス
  • 3 心理学および心霊研究における最近の成果が、科学と社会に示唆する意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学と意識・結論
著作者等 Pribram, Karl H
大沼 忠弘
シャエガン ダリュシュ
ソリエ ピエール
ハーマン ウィルス・W
ペガン ジョルジュ
ボーム デイヴィッド
プリブラム カール
書名ヨミ カガク ト イシキ ケツロン
書名別名 Science et conscience

Kagaku to ishiki ketsuron
シリーズ名 科学と意識シリーズ 5
出版元 たま
刊行年月 1989.12
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4884812077
NCID BN04657636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90011841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想