伝える力 : 各界トップランナーが講師をつとめる自己表現の教室

久恒啓一, 知的生産の技術研究会 編

突き詰めて考えていくうち、自己表現に必要なものは「アピール上手になる方法」「うまく話す」「うまい文章を書く方法」といった一方的な表現のテクニック、ノウハウの類ではないことにあらためて気がつきました。人との交わりは、情報・考えなどを受け取る、自分の考えなどをまとめる、誰かに伝えるという繰り返しだからです。すべての過程がうまくいかなくては、より良い自己表現をするという目的を果たすことはできません。本書では、これを「理解する能力(よむ)」「思考する能力(かんがえる)」「伝達する能力(かく)」と名づけ、各分野のトップランナーに専門のテーマを語ってもらいました。先生方はどなたも興味深い自己表現法を持つコミュニケーションの達人ばかり。もちろん、仕事も人生も充実しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 よむ(創業経営者に見る、「出逢い」と「運」(野田一夫)
  • ほんとうの気持ちは「聞く」能力がつくと引き出せる(和泉育子))
  • 第2部 かんがえる(「知欲」を育て、人生を切り開く「独創性」を開発する(軽部征夫)
  • 「図」で表現する人が人生で成功するシンプルな理由(久恒啓一)
  • 豊かな表現力は本能と知性のバランスが生み出す(中村裕子))
  • 第3部 かく(「英語」上達の秘訣は、発音より話の中身にこだわること(村松増美)
  • 「話す」とは、ことばづかいに心をこめること(星野耀子)
  • 魅力ある文章は、「読み手」との十分な対話から生まれる(轡田隆史)
  • シーンに合わせて色を着こなし、目から心を惹きつける(岩井好子)
  • まわりの人より抜群に好印象を残す自己演出の方法(今野仁))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝える力 : 各界トップランナーが講師をつとめる自己表現の教室
著作者等 久恒 啓一
知的生産の技術研究会
書名ヨミ ツタエル チカラ : カッカイ トップ ランナー ガ コウシ オ ツトメル ジコ ヒョウゲン ノ キョウシツ
出版元 すばる舎
刊行年月 2004.1
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4883993191
NCID BA65741461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20550507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想