Web designer 2.0進歩し続けるWebデザイナーの考え方

長谷川恭久 著

Webデザイナーの仕事とは情報とデザインの狭間で考えるということ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 検証WWFギフトショップ(CMSとWeb標準のよい関係
  • ユーザビリティとアクセシビリティ ほか)
  • 2 Webデザイナーはどこへ行く(変わりつつあるWebデザインの考え方
  • 現状が生み出す誤解)
  • 3 コンセプトの話(ユーザビリティ&ビヨンド
  • Flashだから出来ることを考える ほか)
  • 4 HTML/XHTMLの話(Web標準の中にある理想と現実
  • HTMLの構造化について考える)
  • 5 CSSの話(今だから聞きたいCSSの利点
  • CSS整理術 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Web designer 2.0進歩し続けるWebデザイナーの考え方
著作者等 長谷川 恭久
書名ヨミ Web designer 2.0 シンポシツズケル Web デザイナー ノ カンガエカタ
出版元 ソシム
刊行年月 2005.3
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4883374327
NCID BA71894547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20872543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想