「おもしろい」のゲームデザイン : 楽しいゲームを作る理論

Raph Koster 著 ; 酒井皇治 訳

本書は今日のゲーム業界を牽引するゲームデザイナーであり偉大な思想家でもあるラフ・コスターが著した「おもしろくて刺激的」な読み物です。成功するゲームを作る上でゲームデザイナーが何を押さえなければならないかを解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 我が祖父
  • なぜこの本を書いたのか?
  • 脳はいかにして働くか?
  • ゲームとは何か?
  • ゲームが何を教えてくれるのか?
  • 何がゲームではないのか?
  • おもしろさが人によって違うのはなぜか?
  • 何が学習の問題となるか?
  • 人にかかわる問題とは何か?
  • 状況によって問題が生じるのはなぜか?
  • 娯楽における倫理はどうあるべきか?
  • ゲームはどこに向かうべきか?
  • 正しい方向はどちらか?
  • おもしろさの本質-そして祖父へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「おもしろい」のゲームデザイン : 楽しいゲームを作る理論
著作者等 Koster, Raph
酒井 皇治
コスター ラフ
書名ヨミ オモシロイ ノ ゲーム デザイン : タノシイ ゲーム オ ツクル リロン
書名別名 A theory of fun for game design

Omoshiroi no gemu dezain
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2005.12
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 4873112559
NCID BA74767466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20961356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想