子犬工場

大岳美帆 著

工場で商品をたくさんつくるように、子犬をたくさんつくっている場所を「パピーミル=子犬工場」といいます。子犬工場でうまれた子犬は売り物です。子犬をうんで、お乳をあげたら、お母さん犬の役目は終わり。子犬はお母さん犬のもとから、あっというまにつれさられてしまいます。お母さん犬はせまいケージの中で子犬をさがしつづけ、心配でたまらなくなって、ほえつづけます。そして、つれさられた子犬たちは…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子犬がつくられる工場(ボロボロだったカヤの体
  • 保護シェルターにいる犬たちの正体
  • 犬の出産
  • パピーミルって?
  • お母さん犬のひさんな生活)
  • 第2章 子犬たちの運命(子犬の市場
  • ペットショップの子犬たち
  • ペットショップから買った犬
  • 売れ残った犬たちは、どこへ?)
  • 第3章 すてられる犬たち(ペットを守る法律
  • そんな理由ですてるのですか?
  • 安楽死ではありません
  • すてられる犬をふやさないために)
  • 第4章 いのちを救う(パピーミルからの引き出し
  • 新しい飼い主さがし
  • きびしいじょうけん
  • いのちのバトン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子犬工場
著作者等 大岳 美帆
書名ヨミ コイヌ コウジョウ : イノチ ガ ショウヒン ニ サレル バショ
書名別名 いのちが商品にされる場所
出版元 WAVE
刊行年月 2015.11
ページ数 158p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87290-965-4
NCID BB20095306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22649804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想