鉄道の地理学 : 鉄道の成り立ちがわかる事典

青木栄一 著

なぜ、鉄道は今の姿になったのか-。交通地理学の第一人者が、鉄道の成り立ちを世界的視野で解き明かす。圧倒的な情報量を駆使した、日本初の本格的「鉄道の地理学」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鉄道を理解するための基礎知識
  • 鉄道の動力
  • 日本の鉄道の発達過程を振り返る
  • 国有鉄道の成立と改革
  • 地形に挑む鉄道
  • 大河や海を渡る鉄道
  • 気候条件が鉄道に与える影響と対策
  • 大都市の鉄道
  • 地方交通における鉄道の役割
  • 駅の地理学
  • 産業と鉄道貨物
  • 新幹線を考える
  • 鉄道路線の地図を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄道の地理学 : 鉄道の成り立ちがわかる事典
著作者等 青木 栄一
書名ヨミ テツドウ ノ チリガク : テツドウ ノ ナリタチ ガ ワカル ジテン
書名別名 Geography of railways

Tetsudo no chirigaku
出版元 WAVE
刊行年月 2008.10
ページ数 408, 7p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87290-376-8
NCID BA87573644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想