るつぼな下北沢日記

ヤギヤスオ 著

シモキタ文化人たちの、ディープな深夜交遊録。自他ともに認める"シモキタ社交界の怪人"が、夜ごと呑み歩いた8年ぶんの下北沢徘徊日記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一九九九年六月二一日〜七月二二日-こだま和文を中心とした国立には淡々としてフワッと隙間を抜くようなダブ的生活があるんではないかと答えをみつけにブラブラと出かけてみたら…。
  • 第2章 八月七日〜九月一二日-小島麻由美に夢中になったりしながら沢山のライブを観たり聴いたりDJもやったりの日々の中で混浴温泉に行ってしまったのだった。
  • 第3章 一〇月一日〜一一月一日-リトルテンポと海釣りを初めて体験したりとかフランク・ザッパから篠原ともえのこととかイッパイあったりして妄想と追憶もしながら細野晴臣の古い写真が出てきたりしてなかなかな過ごし方だなあ。
  • 第4章 一一月一八日〜二〇〇〇年一月二七日-五〇歳になって年越しに風邪をひいたりして最低な状態でチョッピリ人生を想ったりしながらも相変わらず下北沢でビールを呑んでいる僕がいた。
  • 第5章 一月二八日〜四月一七日-突然どんとが死んでしまってショックでいろんなことを考えたりしてライブでギターを弾いたり沖縄に行ったり酔っぱらって自分も頭を割って死にかけてしまった。
  • 第6章 五月一一日〜六月二一日-岡崎京子さんはどうしてるんだろうかとか呑みすぎて記憶をなくすことが多くなってどんどん自分が最低な気もしてきた毎日の暮らし…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 るつぼな下北沢日記
著作者等 八木 康夫
ヤギ ヤスオ
書名ヨミ ルツボナ シモキタザワ ニッキ
書名別名 Rutsubona shimokitazawa nikki
出版元 太田
刊行年月 2001.8
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 4872335694
全国書誌番号
20357245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想