複雑さの帰結 : 複雑系経済学試論

塩沢由典 著

経済と経済学にとって「複雑系」とは何か?経済学の新たな地平を目指し、満を持して世に問う"知"のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 複雑さの学としての経済学
  • 1 複雑さの帰結
  • 2 人はなぜ習慣的に行動するのか
  • 3 慣行の束としての経済システム
  • 4 ゆらぎ・あそび・ゆとり
  • 5 組織における世界像分業
  • 6 システム二元論の誤謬
  • 7 定常性の第一義性-一般均衡理論に抗する一試論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複雑さの帰結 : 複雑系経済学試論
著作者等 塩沢 由典
書名ヨミ フクザツサ ノ キケツ : フクザツケイ ケイザイガク シロン
書名別名 Fukuzatsusa no kiketsu
出版元 NTT
刊行年月 1997.6
ページ数 314p
大きさ 20cm
ISBN 4871885178
NCID BA31227172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98018709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想