ティッピング・ポイント : いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

マルコム・グラッドウェル 著 ; 高橋啓 訳

なぜ、ニューヨーク市の犯罪率は急激にダウンしたのか?なぜ、地味な靴「ハッシュパピー」は爆発的に売れ出したのか?なぜ、『セサミ・ストリート』は人気長寿番組に成り得たのか?なぜ、無名作家の小説は一躍ベストセラーになったのか?あらゆる流行の感染には原因がある。思考の転換を促す世界各国で話題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに ティッピング・ポイントとは何か?
  • 第1章 爆発的感染、その3原則-ティッピング・ポイントへ至る指針
  • 第2章 「80対20の法則」から「少数者の法則」へ・原則1-感染をスタートさせる特別な人々
  • 第3章 粘りの要素・原則2-情報を記憶に残すための、単純かつ決定的な工夫
  • 第4章 背景の力・原則3-人の性格に感染する背景
  • 第5章 「150の法則」という背景-人の行動に感染する効果的な集団の規模
  • 第6章 商品はどのようにして感染するか?・Case study1-エアウォーク社の販売戦略から学ぶこと
  • 第7章 自殺と喫煙・Case study2-ティーンエイジャーの感染的行動の謎を探る
  • 第8章 ティッピング・ポイントを押せば世界は傾く-焦点をしぼること、実験すること、そして信念を持つこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ティッピング・ポイント : いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか
著作者等 Gladwell, Malcolm
高橋 啓
グラッドウェル マルコム
書名ヨミ ティッピング ポイント : イカニシテ チイサナ ヘンカ ガ オオキナ ヘンカ オ ウミダスカ
書名別名 The tipping point

Tippingu pointo
出版元 飛鳥新社
刊行年月 2000.3
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4870313944
NCID BA46378706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想