魔術士オーフェンはぐれ旅 : 鋏の託宣

秋田禎信 著

"魔王"オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、"死の教主"が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い"結界"が貫く。"結界"の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。"戦術騎士団"、"リベレーター"、"キエサルヒマ魔術士同盟"、"アーバンラマの三魔女"、そして、"魔王スウェーデンボリー"。複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術士オーフェンはぐれ旅 : 鋏の託宣
著作者等 秋田 禎信
書名ヨミ マジュツシ オーフェン ハグレタビ : ハサミ ノ タクセン
出版元 TOブックス
刊行年月 2013.2
ページ数 358p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86472-098-4
全国書誌番号
22203731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想