長宗我部元親

平井上総 編著

[目次]

  • 総論 長宗我部元親の四国侵攻と外交関係
  • 第1部 権力論(永禄末期における長宗我部氏の権力構造-「一宮再興人夫割帳」の分析を中心に
  • 織豊期長宗我部氏の一側面-土佐一条家との関係(御所体制)をめぐって
  • 湯築城跡出土の瓦について
  • 伊予国における長宗我部氏系築城技術の導入について-愛媛県東部の事例を中心に)
  • 第2部 元親の周辺(長宗我部元親夫人の出自について
  • 豊臣期土佐における女性の知行-『長宗我部地検帳』を中心に)
  • 第3部 土佐国の領主たち(戦国末期の国人本山茂辰とその家族たち
  • 中世四国における西遷武士団のその後-土佐国久礼城主佐竹氏を中心にして)
  • 第4部 史料論(土佐に於ける禅僧餘談
  • 仁如集堯と長宗我部国親
  • 土佐史界の開拓者谷秦山
  • 試論 長宗我部元親発給文書に関する若干の考察-永禄期〜天正後期を中心にして
  • 長宗我部元親の右筆とその周辺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長宗我部元親
著作者等 平井 上総
書名ヨミ チョウソカベ モトチカ
シリーズ名 シリーズ・織豊大名の研究 1
出版元 戎光祥
刊行年月 2014.10
ページ数 364p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-125-7
NCID BB16925680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想