田中角栄VS福田赳夫

大下英治 著

官僚支配の政界で革命児・田中角栄がついに決起した。"プリンス"福田赳夫との全面対決で総理総裁の座を争った角福戦争では、金権選挙を大展開した田中が逆転勝利。だが、絶頂の田中を金脈問題、ロッキード事件が直撃する。「三角大福中(三木・田中・大平・福田・中曽根)」の権力抗争、椎名裁定、三木おろし…。雌伏の時を過ごし発足した福田政権に仕掛けられた「大福抗争」。それは終わりなき角福戦争の第二幕であった。シリーズ第四弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 異端児の決起(「佐藤のあとは福田」
  • 佐藤派分断工作に走る二階堂 ほか)
  • 第2章 激突!角福金権戦争(「佐藤派の四分の三は取ってみせる」
  • 「佐藤が、福田支持の約束を取りつけてくれるはずだ」 ほか)
  • 第3章 勝者の誤算(「列島改造」と「日中国交正常化」
  • 「男が戦場に行くのに、女を連れていくことがあるかい」 ほか)
  • 第4章 「政治とカネ」の迷走劇(飛び出した「金脈問題」と「越山会の女王」
  • 「断固、辞めるべきではありません。中央突破をはかりましょう」 ほか)
  • 第5章 総理総裁の敗北(「わが輩は、"党の出直し的大改革"を断行する」
  • 赤字国債発行と成田空港開港 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中角栄VS福田赳夫
著作者等 大下 英治
書名ヨミ タナカ カクエイ VS フクダ タケオ
書名別名 Tanaka kakuei VS fukuda takeo
シリーズ名 昭和政権暗闘史 4巻
静山社文庫 4巻
出版元 静山社
刊行年月 2010.10
ページ数 347p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86389-070-1
全国書誌番号
21831177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想