ドストエフスキイの政治思想

渡辺京二 著

『作家の日記』は従来から、この作家の膨大な著作の中でも、一種きわめつきの難物とされ、退屈で陳腐で愚劣な反動的政治論と黙殺されてきたきらいがある。著者はそうした一本調子のイデオロギーや浅薄な定評が嗤う。ドストエフスキイの政治的考察が立脚せねばならなかったロシア民衆の歴史的伝統と、民衆のうちに胎まれる幻に注目することで、民衆の初原的な共同性の夢に依拠した政治思想のありかを明らかにする。本書を通じて、時と空間を超えてふたつの個性が響きあう至福の瞬間に立ち会える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夢見る人
  • 2 基軸の転換-オムスク体験
  • 3 民衆の発見-E.H.カーの読みちがえ
  • 4 ロシア近代と日本近代の相似
  • 5 西欧的進歩主義への嫌悪
  • 6 鳴り響く主調低音-「百姓マレイ」
  • 7 「小さきもの」への感受性
  • 8 民衆のうちに胎まれる幻
  • 9 市民社会になじめぬロシア民衆の伝統
  • 10 民衆の初原的な共同性の夢に依拠した政治思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキイの政治思想
著作者等 渡辺 京二
書名ヨミ ドストエフスキイ ノ セイジ シソウ : ワタナベ キョウジ ケッサクセン 4
書名別名 渡辺京二傑作選 4

Dosutoefusukii no seiji shiso
シリーズ名 新書y
出版元 洋泉社
刊行年月 2012.3
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86248-902-9
NCID BB08912515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22065299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想