池袋チャイナタウン : 都内最大の新華僑街の実像に迫る

山下清海 著

中国人たちの生活・ビジネスの表裏に気鋭の華僑研究者が肉薄する。在日中国人「100万人時代」を目前に、彼らは日本人とどのように関わり、何を目指しているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 池袋チャイナタウンとは?
  • 第2章 彼らはなぜ日本にやってきたか
  • 第3章 池袋・新華僑起業家列伝
  • 第4章 新華僑の経営スタイルと暮らし
  • 第5章 東京中華街構想の波紋
  • 第6章 池袋チャイナタウンのゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 池袋チャイナタウン : 都内最大の新華僑街の実像に迫る
著作者等 山下 清海
書名ヨミ イケブクロ チャイナ タウン : トナイ サイダイ ノ シン カキョウガイ ノ ジツゾウ ニ セマル
書名別名 Ikebukuro chaina taun
出版元 洋泉社
刊行年月 2010.11
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86248-585-4
NCID BB03589423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21833786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想